腰痛を解消するまでの話

こんにちは。今回ブログを担当させていただきます、SRです。
ここでは、私自身が体験した腰痛やその原因、解消するまでのことをお話ししたいと思います。

本記事の要点をざっくりご説明すると、以下の通りです。

  • 腰痛の主な原因 → 毎日座る椅子が自分の身体に合っていなかった
  • 腰痛改善のために実施したこと → 作業用の椅子を変えた、腿裏と臀部のストレッチ、整骨院や整体院に通い治療を受けた
  • 腰痛発症からおおよそ改善するまでの期間 → 約2カ月間

今から約5年前、実家で使っていた木製の椅子を卒業し、いわゆる普通の作業用の椅子を購入しました(組み立て式のデスクチェアー)。
数カ月が経ったころ、新調した椅子のものと思われる黒いネジを部屋の片隅で発見したのです。

多くの人の場合、このタイミングでどこのパーツが足りないのか点検するはずですが、当時の私はそれを怠り、ネジはその後引っ越しのタイミングで紛失しました。
今思えば、その怠慢が腰痛の引き金だったと反省しています。

時は経ち、強烈な腰の痛みで寝付けなくなったのは、今年の7月あたりのことです。
同時期から胃の痛みや吐き気などの症状が出てきたため、整体院や整骨院を複数件はしごして原因を調べました。

その結果、ヘルニアやぎっくり腰になりやすい状態だということ、骨盤回りの歪みがひどすぎること、腸腰筋というお腹周りの筋肉が固まっているため消化不良を起こしているということ、臀部から腿裏にかけての筋肉が固まっていること…etc が判明しました。

また、症状を診てもらった先で「椅子が身体に合っていないのでは」「普段どんな椅子に座っているのか」と口々に言われたため、とうとう作業用の椅子を替えることにしたのです。
現在は夫が使っているものと同じゲーミングチェアを使用しており、腰の痛みや身体の不調もほとんど良くなりました。
5年前、椅子のネジをぞんざいに扱ったところから全てが始まっていたのだと思うと、恐ろしいです。

例の椅子はというと、少し体勢を変えるだけでけたたましい音を響かせる代物になっていたため、すぐに処分する予定でした。
しかし、粗大ごみの処理券を貼っていない状態で数時間ほど玄関の外に出しておいたら無くなっていたので、椅子を持ち帰った方の腰を破壊していないか心配です……。

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。
まだまだ暑い日々が続きますが、毎日を健康に過ごせるといいですね。

SR

関連記事

カテゴリー

2024年6月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930